...
基本情報
はじめての心療内科
急激に増えるうつ病
日本と欧米のうつ事情
典型的なうつ病の症状
何故急に、うつ病は急増したのか
誰もがうつになる可能性がある
女性のうつ病
男性のうつ病
子供のうつ病
高齢者のうつ病

うつ病かと思ったら
心療内科と精神科の違い
うつ病と診断されたら
どうしたら治る?
通院で治る? 入院の必要は?
うつ病の治療法
カウンセリング
薬物治療
薬と副作用
うつ病と向き合う
うつ病と上手に付き合う
うつ病時の生活
うつ病は現代病?
会社や学校でうつ病になった
新型うつ病
その他
プロフィール
相互リンクについて
利用規約
免責事項
事業概要
ご質問、ご連絡
相互リンク集
管理人の日記







頭がボーっとする、イライラする、病気でもないのに体がだるい、
今まで「何かおかしい」と思っていても、「気のせいだ」とそのままにしている人はいませんか?

そんな時は「心療内科」を受診してみましょう。「心療内科」と「精神科」は違います。
心療内科受診者は現在たくさんいらっしゃいます。「心療内科」は、風邪をひいて内科に行くように、
普通に受診ができます。


心療内科ってこんなところ
心療内科は、主に心に症状が出る心身症を診るところです。
心身症には、過敏性腸症候群やストレスなどが原因で発疹が出るアトピー性皮膚炎などが
挙げられます。

ほかにもさまざまな心身症がありますので、風邪などの病気ではないのに、
体に不調をきたす場合心療内科に行くといいでしょう。




心療内科を気軽に受診しましょう。
 心療内科にかかる流れは、基本的には他の診察場所と同じです。まずは、予約をとります。
そして、問診票の記入が済んだら、診察に入ります。

 心身症の場合は、体に不調の症状が出てますので、それがほかの病気(器質的疾患)なのか、
心身症の症状なのかを、まず診察します。内科的な診察のほかに、
血液検査やレントゲン検査を行うこともあります。そのため、
身体的診察と心に関する診察を両面から行う必要があるのです。

 ですから、薬も身体的症状を改善する薬(整腸剤や皮膚の炎症を抑える薬など)を処方し、
症状の改善をはかるとともに、心のケアとして、一般心理療法を行ったり、
心の症状を改善する薬を処方したりします。

うつ病(うつびょう、鬱病)とは抑うつ状態や不安感・焦燥感などのため行動意欲が著しくそがれ、
食欲低下や不眠症などを特徴とする精神障害の一種です。

現代社会では10人に1人の割合で鬱病予備軍といわれ、現代病とも言われています。
本人が気づかなくても、少しずつに病状が進行する場合があるため、
会社や家族で近頃おかしいなと感じた場合は、心療内科などにかかることをお勧めいたします。

自覚症状のない場合や会社では躁状態にあり、自宅に戻ると鬱状態に陥るケースもあるため、
早期の発見が難しい場合もありますが、発症しはじめの予兆を注意深く観察して、
早めの対処を心がけましょう。

軽度の場合は特に生活に支障をきたさないですが、重度になると自殺願望などを
抱くようになるため、命にかかわる問題です。
正しい知識と専門家の意見をよく聞き、対応してください