...
基本情報
ケアマネジャーとは?
ケアマネジャーの仕事
ケアマネジャーになるには?
ケアマネジャーの資格について
どんな人が向いてるの?
試験 資格
試験は難しいの?
勉強は独学でもできるか
資格はどんなところで生かせるか
資格を取るための勉強方法
その他福祉関係の仕事
仕事内容
ケアマネジャー以外の福祉介護職
今の日本の介護事情
ケアマネジャーが必要とされる理由
ケアマネジャーの役割
資格の意味
ケアマネジャーの重要性
ケアマネジャー資格取得への道
ケアマネジャーの基本知識
心得
ケアマネジャーの基本倫理
ケアマネジャーの基本視点
試験情報
ケアマネジャーの試験一覧
ケアマネジャー試験情報
その他
このサイトを作ったきっかけ
プロフィール
相互リンクについて
利用規約
免責事項
事業概要
ご質問、ご連絡
相互リンク集
管理人の日記
ケアマネ日記









ケアマネジャー(介護支援専門員)の資格は、
介護保険制度が始まってから社会的に知られ注目を集めるようになりました
高齢化社会の日本において、欠かせない資格のひとつであるといえます。

ケアマネジャーの役割は、介護サービスを「ケアマネジメント」という
方法で介護を受ける利用者に効率かつ、効果的に提供します。
資格を活かせる場所は居宅介護支援事業所や在宅介護支援センター、
介護保険施設やグループホーム、有料老人ホームなどがあります。

ケアマネジャーの仕事内容や期待されている役割を正しく理解し、
ケアマネジャーの資格取得を目指していきましょう。


ケアマネジャーとは?
ケアマネジャーは介護に関する専門職であり、福祉や保健医療の分野での
実務経験がある人が取得できる公的資格です。
正式には「介護支援専門員」といいます。

ケアを必要とする人の相談に乗り、最適なケアが受けられるように
総合的なコーディネートやマネジメントをするのが主な仕事です。

介護保険制度を推進していくうえで、介護が必要な人やその家族と、
介護サービスを提供する施設や業者とをつなぐ橋渡し的な役割を担います。
2000年4月に介護保険制度が始まるにあたって新しく誕生した資格です。



仕事の内容は?どんな人を対象に、どんなところで働くの?
 ケアマネジャーは、介護保険制度に精通し、医療や福祉面のさまざまなサービスを理解したうえで、
介護が必要な人に合ったコーディネートを行います。

具体的には利用者との面談、ケアプランの作成、介護サービスを提供する施設や
業者との調整,ケアサービスの実施などです。
ケアマネジャーの資格を得るには実務経験が必要なため、
資格取得後はそれまでの職種と兼任して業務を行うこともあります。

ケアマネジャーは、高齢者を対象にした施設などが
主な勤務先になります。

施設の他には在宅での介護が必要な高齢者がいる
自宅に伺うこともあります。

ほとんどのケアマネジャーがひとりで複数の利用者(高齢者)を
担当することがほとんどなので、在宅の利用者を担当する際には
1日で数件の利用者宅を回ることもめずらしくありません。

お勧めケアマネジャー資格通信講座情報

@ニチイ学館
ケアマネジャー等、福祉関係の通信講座が充実しています。

A生涯学習のユーキャン
TVCMでもおなじみの通信講座ですが、もちろん、
ケアマネジャーの講座もあります。